新着
今年度2回目となる「防災訓練」を実施しました。 今回の防災訓練では、新しい試みとして『生徒による救急救命講習会』を行いました。保健委員とボランティア部の生徒が講師となって、「三角巾の使い方」を学びました。傷口に当てたり腕を吊ったりする三角巾は、衛生上の理由から床に置いたりせずに手に持ったまま折りたたまなければなりません。このような基本的なことについても、今回の講習会で知ることができました。生徒同士熱心に取り組んでいました。そして私にもできました(生徒にほめられるって、こんなにも嬉しのですね!!)。 昨年度は「避難所設営」で、今年は「救急救命」の実践。もしもの時、川校生はきっと力になってくれるでしょう!! 【関連する「川高ブログ」 R1/5/23、R1/10/21、R2/6/18 】 『 小さな学校だからできることがある!  小さな学校にしかできないことがある!    明日も元気に、川校生!!  』
今朝は今シーズン一番の冷え込みとなり、国道286号線に設置された気温計は7℃を示していました。澄み切った空気の向こうの蔵王連峰は、いくぶん紅葉が進んで進んでいるのでしょうか、赤みがかっているように感じられました。 用事を済ましてから、いつもとは違う道をとおって学校に向かう途中で、初めて見るのどかな風景の先に「たわわに実る柿の木」を見つけました。少しだけ回り道したおかげで、なぜかとても懐かしい気持ちになり思わず写真を撮りました。そのような体験をすると、いつもは素通りしていた「地蔵桜」が急に気になりだし、立ち寄りました。石碑には、『この「あずま彼岸さくら」の下に、享保15年(1730年)「延命地蔵尊(子育て・長生きの守り神)」を新造し祀った』と書かれていました。290年前の史実で、この「あずま彼岸さくら」はそれより約100年前の推定樹齢約390年になるそうです。 あたりまえの日常に、少しだけ「変化」を付けるだけで「意識」が変わり、新しい態度や行動に繋がるかもしれません。そしてその先には、新しい発見や出会いがあるかもしれません。 ※石碑には「地蔵桜」と書かれていますが、バス停は「桜地蔵」となっ...