校章・校歌

 


<校章の由来>

 

明治43年4月制定

古来、稲と蚕とは我が国農業の二本柱であった。

稲穂をもって繭(まゆ)をかこみ、さらに農林の二文字を配して本校の特性をあらわした。

▲ ページトップへ

校訓

『質実剛健』・・・人間としてかざり気なくまじめで素直であり、他にまどわされず、ひたすら自分のつとめに励み心身共に強くすこやかなこと。

『自立調和』・・・自分のわがままを抑え、善悪の判断は勿論のことよく考えて行動し、常に正しい道からはずれず、人間としてつりあいがとれてまとまっていること。

 

▲ ページトップへ

教育方針

 21世紀に生きる国際的視野を持ち社会の進展に寄与する人物を目指し、高い知性、豊かな情操、優れた道徳性と健康な体を持ち、さらに正義と勤労を愛し、人を敬うことのできる調和のとれた人間を育成する。

 

▲ ページトップへ

教育目標
  1. 基礎・基本の学力を身につけ、たくましく生きる健全な心身を育成する。
  2. 個性の伸長を図るとともに、創意と活力にあふれ、志をもった人間を育成する。
  3. 豊かな心を持ち、生涯の生き方を自らの意志で切り開く態度と能力を育成する。
  4. 勤労と責任を重んじ、地域社会の発展に寄与する精神を育成する。
  5. 科学的精神を培い、社会の変化と今日的課題に対応できる能力を育成する。

 

▲ ページトップへ

制服紹介

コンセプトは「川校生らしい凛とした気品と力強さの融合」です。

デザインテーマは、「憧(あこがれ)!川校」地域、中学生が憧れる新制服を考え決定しました。

凛々しい詰襟と清楚で上品なセーラーを組み合わせたクラシカルスタイルです。

↓クリックすると画像が拡大されます

 制服

 生地は、フランス綾という生地を使用。濃紺の生地に斜めの模様が織り込まれた、高級素材を使用しており、丸洗い、撥水加工、耐久性も兼ね備えた新素材です。

 男子は、シャープな印象の詰襟スタイル。県内でも珍しいファスナー仕様で着易い作りになっています。首元が窮屈に感じないよう、マオカラーにしました。襟、前立ての濃紺のテープがアクセントとして強調しています。スラックスはすっきりとしたワンタック。

 女子は、県内の高校では珍しいセーラースタイル。襟、カフスを白にすることでより上品なセーラー服に仕上がりました。後ろ姿が個性的で、太いラインがモダンな印象を与えます。女性らしい優しさ、柔らかさを表現するためプリンセスラインとウエストから裾への部分がふわっと広がったへプラム仕様を採用。リボンは中高生憧れのかわいらしい大きめサイズ。スカートは大小のヒダを組み合わせた親子ヒダ。身体の動きに合わせて表情が変わるデザインです。

 男女の胸ポケットには、3色のブルーを使用し川崎町を流れる三大河川を表現。アクセントポイントにしました。また、襟にはスワロフスキーを使ったブローチを付けより印象的なものにしました。※スワロフスキーの色は学年によって異なります

   

 着易さにもこだわり、裏地は従来よりも10倍のびる、ストレッチ裏地を使用し着脱もスムーズ、着易さ抜群の仕様になっています。

 ▲ ページトップへ

お問い合わせ・アクセス

お問い合わせは、下記にて承っております。

宮城県柴田農林高等学校川崎校
〒989-1501宮城県柴田郡川崎町大字前川字北原25番地
TEL:0224-84-2049
FAX:0224-84-2087

交通機関 宮城交通バス:川崎行き、川崎校前下車

山形自動車道・宮城川崎インター(道路緑色部分)入口のすぐ側に柴田農林高等学校川崎校はあります。
※分かりにくい場合には、地図右下のプラス(+)のボタンを押していただければ更に詳しい地図を見ることができます。

 

▲ ページトップへ