カテゴリ:ボランティア

落ち葉拾い & 全校清掃活動 

校門からのイチョウ並木もすっかり落葉し、冬支度が整いました。
ボランティア部の皆さんに落ち葉拾いをしていただきましたが、かなりの量となりました。
毎年繰り返される、イチョウの生命力には本当に驚かされます。

11月28日(木)の定期考査最終日の午後、今年2回目となる「全校清掃活動」を行いました。
天候にも恵まれ、気持ちのいい汗をかくことができました。 【関連川高ブログ 6月25日】

【写真: 〇ボラ部による落ち葉拾い。〇全校清掃活動、

〇「イチョウ並木 ①4月になって雪をまとうイチョウ並木、②衣替えの季節のイチョウ並木、③秋を迎えたイチョウ並木】

 

『  小さな学校だからできることがある!
   小さな学校にしかできないことがある!    明日も元気に、川校生!!  』

 

ボランティア  ~ 被災地域での活動・環境美化活動 ~

11月4日(月)に、川崎町社会福祉協議会が主体となって実施した「災害ボランティア活動」に、10名の川校生が参加してきました。
今回の活動場所は「宮城県角田市内」でした。泥のかき出し、家財道具の運び出し等に従事しました。同じ川崎町から参加された方の中に、64年前に川崎校を卒業された大先輩がおられ、新たな出会いもありました。

11月6日(水)に、NEXCO東日本・グループさまのご協力の下、今年度2回目となる「宮城川崎IC」環境美化活動を行いました。前回のマリーゴールドとサルビアに替えて、今回は「パンジー」を植栽しました。

【関連 川高ブログ 6/26】

『 小さな学校だからできることがある!
  小さな学校にしかできないことがある!      明日も元気に、川校生!! 』

 
       

川崎レイクサイドマラソン2019  

9月8日(日)に、今年で3回目となる「川崎レイクサイドマラソン2019」が開催されました。

この大会の運営が、様々な方面の方々のボランティアによって支えられていると、現場に触れてみて、あらためて実感しました。
川崎校からは、完走証明書の発行と、アンケート記入のお願いと温泉入浴券を配布しました。残暑厳しい中、フィニッシュゲートをくぐった選手の皆さんの、爽やかな笑顔に出会えました!!

(仮面ラ〇ダー?は、途中で脱皮したのでしょうか?。ハーフマラソン1位の方は1時間16分台はスゴイ!!。チョコえもんも暑さの中頑張っていました。最遠方からの参加者は山口からの方でした。最高齢の方は83歳でした。 皆さんスゴいです!! ) 

『 小さな学校だからできることがある!
  小さな学校にしかできないことがある!      明日も元気に、川校生!! 』

川崎レイクサイドマラソン2019 準備OK!!  ~ 爽やかな笑顔で ~

9月8日(日)に開催される、「川崎レイクサイドマラソン2019」の最終事前準備が行われました。
全国から参加されるランナー皆さんを、爽やかな笑顔で心を込めて「おもてなし」いたします!!

『 小さな学校だからできることがある!
  小さな学校にしかできないことがある!      明日も元気に、川校生!! 』

川崎レイクサイドマラソン  ~ 事前ボランティア ~

9月8日(日)、柴田郡川崎町にある釜房ダムの「釜房湖」湖畔をコースとする、「川崎レイクサイドマラソン」が開催されます。
今年の参加者数は前年を上回り、1855名の方がエントリーしており、最も遠くからは、山口県からの参加と聞きました。

今日は、地元のボランティアの皆さんや川崎中・富岡中の生徒さんとともに、選手ゼッケンに川崎町の観光情報誌を添えた案内状の袋詰めを行いました。
まもなくお手元に届きます。選手の皆さんの健闘をお祈りします。


『  小さな学校だからできることがある!
   小さな学校にしかできないことがある!    明日も元気に、川校生!!  』

「宮城川崎IC」環境美化活動 ~ 心の花を咲かせよう・届けよう!! ~

  NEXCO東日本・グループさん協力の下、生徒会で「宮城川崎インターチェンジ」の環境美化活動を行いました。

 この活動は、宮城県柴田農林高校の生徒のみなさんが育てた花の苗を、川崎校の生徒が植栽のお手伝いをするというもので、今年で6年目となりました。
 「ドライバーの皆さまには、生長した綺麗なサルビアとマリーゴールドを見ていただき、ゆとりある安全運転をしていただけるでしょう」とのお話をいただきました。
 川崎町へ車でお越しの際は、ぜひご覧ください。


『  小さな学校だからできることがある!
   小さな学校にしかできないことがある!  明日も元気に、川校生!!  』

町内清掃活動  ~ ファーストペンギンに学び、先輩の想いを伝統として未来へ  ~

 6月25日(火)の午後、全校生徒による「清掃活動」が、町内の3ルートと、校地内清掃班に分かれて実施されました。
 この活動は、平成25年度の生徒会が、「学校の枠を超えて地域に飛び出し、地域に貢献できる川校生を目指そう」と提案し始まりました。生徒が身につけている「ビブス」に描かれている「ペンギン」には、「ファーストペンギンの勇気」を称える想いが込められています。
 川崎校の皆さんには、これからも様々な場面に勇気を持ってチャレンジしてしてほしいですね!! 

 

【ファーストペンギン】
 ファーストペンギンとは、群れで行動するペンギンのうち、魚を捕るために一番最初に海に飛び込む勇気あるペンギンのこと。そこから転じて、ベンチャー精神あふれる起業家や、必要以上にリスクを恐れずに新しい挑戦をする姿勢のことを表す。
 ( 出典: https://makitani.net/shimauma/first-penguin )


『  小さな学校だからできることがある!
   小さな学校にしかできないことがある! 明日も元気に、川校生!!  』

ボランティア  ~ 地域との関わりを実感 ~

  今年度より「ボランティア部」の活動内容を更に充実させました。
 これまでは、岩沼高等学園川崎キャンパスとの共同作業や校内活動が中心でしたが、校外へも活動場所を広げました。

 5月27日(月)より、川崎校と駐車場を挟んで隣接する「川崎町デイサービスセンター 」において、室内清掃や花壇の除草、施設内の飾り付け等のボランティアを始めました。

 「月曜日は、清掃の業者さんが休業日であり、川校生の方のお手伝いは大変助かります」との感謝の言葉を頂きました。

 ・・・・できるところから少しずつ!! そこで気づくことは何だろう・・・・

(写真:「川崎町デイサービスセンター 」で清掃活動する川校生、岩沼高等学園川崎キャンパスの先生と一緒になって川崎キャンパスの教材を作成する川校生)


 『小さな学校だからできることがある!
  小さな学校にしかできないことがある! 明日も元気に、川校生!!』

神明社 御神輿行列に参加

 「神明社 御神輿行列」に、川崎校の生徒も参加してきました。
 大人神輿・子供神輿・中神輿が町内を練り歩き、安全祈願を行いました。
 御休処では、地域の皆様から手料理が振舞われ、春の陽気とともに暖かな1日となりました。